講師紹介

講師:竹下 静
講師:竹下 静

【講師経歴】

 

竹下 静

東京学芸大学音楽科声楽専攻卒業。卒業後よりJazz&Popsへ転向しバンド活動を経て、シンガーソングライターとしての活動を開始。2006年、第1G.POPコンテストにてグランプリを獲得。その後、韓国にて開催された国際大会に出場、CTS社長賞を受賞。これまでにソロアルバムを5枚リリースした他、様々なプロジェクトにシンガーとして参加、楽曲提供等も行っている。現在は教会コンサートやキリスト教関連イベントを中心に、東日本大震災の被災地や韓国にて精力的にコンサート活動を行う。また2017年よりゴスペルピアニスト山本裕太と共にピアノ&ボーカルのゴスペルユニット「Lasting note」を結成、デュオスタイルでのコンサートが各地で好評を得ている。2004年よりJ-WAY横浜YMCAゴスペルクワイヤのディレクターを務める。毎週のレッスンの他に現在年間約10本程度のゴスペルライブをリードしている。

ホームページ:竹下 静 


20043月より、J-WAY横浜YMCAゴスペルクワイヤ講師を担当 

 

 


【講師よりひとこと】

ゴスペルはいま日本中で多くの人たちに愛されていますが、
もともとは黒人の、虐げられた生活の苦しみから生まれたものです。
聖書の神様に光を見出し、その苦しみから解放された喜びを、歌にして表現しています。

ゴスペルには、力があります。
どんなに体が疲れていても、ゴスペルを歌うと自然と元気になるし、
落ち込んでいるときも、ゴスペルを歌うと本当に力が湧いてきます。
それは、ただ単に歌うのが好きだから、仲間と一緒に歌うのが楽しいから、
というだけではおさまらない「何か」があるからなのではないでしょうか。

GOSPELという言葉は、GOD SPELLという言葉から派生して出来た言葉だと言われています。
ゴスペルは、つまり、福音・神様のことばなんですね。
その意味を100%理解することはできなくても、
神様に祈る気持ちや喜びを表現する心は、みんなに共通しているものだと思います。

ぜひ、私たちと一緒に歌いませんか?
きっと今以上に、毎日が楽しくなりますよ。